若者のうつ病を改善させる栄養

こんにちは、今日は若者のうつ病に対しての、栄養についてお話ししていきたいと思います

わずか8年間で若者のうつ病のリスクは1.63倍に急増…というお話を前にしましたね。

詳しくは【不安になりやすい若者が年々増えている!?】の記事をご参照ください。

 

そんな若者に対しての食事方法について、本日はお話ししていきます!

加工食品を減らし、果物、野菜、魚、オリーブオイルを積極的に取る

今回は、2019年10月9日に、PLoS Oneに掲載された、マッコーリー大学の研究を参考にしています。

この研究では17歳~35歳、うつ病の若者を対象に、3週間『普通食』グループと『加工食品を減らし、果物、野菜、魚、オリーブオイルを積極的に取る』グループでそれぞれうつ病の症状の差を比較した研究。

その結果、『加工食品を減らし、果物、野菜、魚、オリーブオイルを積極的に取る』グループの方はうつ病スコアが大幅に改善され、不安とストレスも軽減したと報告されている

 

3週間で結果が結構出ており、即効性があることが凄いですよね!

食習慣を変えると、なぜうつ病が軽減するの??

おそらく、炎症によるものです。

最近は『うつ病の原因は体の炎症によるものではないのか!?』という説が有力となってきている。加工食品をとると炎症はおこりやすく、野菜や魚の脂など食物繊維や良質な脂を取ることで炎症を緩和しやすい。

食習慣を変えたことによって、炎症が緩和したことにより、うつ病症状が改善したのだと思います。

 

ストレスの多い方は、少し食事も気を付けてみてはいかがでしょうか??

また、色々情報発信をしていきたいと思います

関連記事一覧