日光は腸内細菌を豊かにする

こんにちは!

今日のお話しは、『日光と腸内細菌の関係』という興味深い情報を見たので紹介したいと思います!

日光は腸内細菌の多様性とバランスを改善

今回は2019年10月Front. Microbiolに掲載された、ブリティッシュコロンビア大学の研究を参考にしています。この研究では19歳から40歳の女性21名を対象にした研究であり、UVB光(太陽の光)を週に3回取り入れたグループと取り入れていないグループの比較を行っている。その結果、UVB光(太陽の光)を取り入れたグループは、腸内細菌の多様性とバランスが改善されたと報告されている。

『日光は腸内細菌にも影響を与えるのかー』ってビックリしました。

 

なぜ、日光が腸内細菌にまで影響を与える??

これは、ビタミンDが関係していると考えられている。日光を浴びるとビタミンDが体で作られるというお話ししましたね。詳しくは以前紹介した【ビタミンDのメリット】をご参照ください。

このビタミンDなのですが、腸内細菌の調整役として働くことが研究で報告されている。日光を浴びることにより、ビタミンDが作られたことにより腸内細菌の多様性とバランスが改善したんですね。

ビタミンDが不足すると腸内細菌はどうなる!?

この研究では、ビタミンDが不足した人は、ファーミキューテスとプロテオバクテリアという腸内細菌類が増加し、バクテロイデス類の腸内細菌が減少したと報告されている。腸内細菌の種類によっての特徴をお話ししていきたいと思います!

◆ファーミキューテス門

一般的にデブ菌と言われている、腸内細菌です。日和見菌の一種であり、悪玉菌の仲間になりやすい腸内細菌類である。

◆バクテロイデス門

一般的に痩せ菌と言われている、腸内細菌です。日和見菌の一種であり、善玉菌の仲間になりやすい腸内細菌類である。

◆プロテオバクテリア

悪玉菌の一種であり、大腸菌やウェルシュ菌などの有害となる菌を発生させる。

【まとめ】

日光はビタミンDを体内で作る。ビタミンⅮが満たされることにより、腸内細菌が豊かになり、痩せやすく、大腸菌など有害物質の発生を抑えれる。というわけですね。

また、色々興味深い情報を発信していこうと思いますので今後もよろしくお願いします!

それでは!

関連記事一覧