速筋、遅筋のトレーニングについて

速筋、遅筋とは??

筋肉細胞は大きく分けると速筋(白筋、タイプⅡ繊維)、遅筋(赤筋、タイプⅠ繊維)の2つの種類があると言われています。

 

速筋

瞬発的な筋力は発揮しやすいですが、遅筋と比べると持久性は劣ります。

遅筋

持久力は有りますが、速筋と比べると瞬発的な筋力は劣ります。

従来の速筋、遅筋のトレーニング方法の考え方

速筋を鍛えるには高負荷、低回数、
遅筋を鍛えるには低負荷、高回数、
のトレーニングが常識でした。

しかし、そのトレーニング方法は本当にあってるのでしょうか?今回は考えていきたいと思います。

トレーニング方法はあまり気にしなくてよいかも

今回は2018年9月Front Physiolに掲載された、ビクトリア大学のレビュー論文を参考にしています💡

この研究では、高負荷低回数、低負荷高回数で速筋、遅筋の変化の違いはあるか研究したものです。
その結果、トレーニング様式を変えても筋繊維ごとの発達の仕方はほとんど変わらなかったようです💡
心肺機能や関節などは別として、筋繊維自体の成長に関してはあまりトレーニング様式にはこだわらなくても良さそうですね。
速筋、遅筋の比率は生まれ持ってのものなのであんまり変わらないのかなーとも思います。

関連記事一覧