人工甘味料は太るの??

『人工甘味料は0キロカロリーだから、太らない!』

そう思っている方も多いと思います。

しかし、、、『人工甘味料は太る』とネットには載っていたりします。

どちらが、正しいのでしょうか??

 

今回は人工甘味料が果たして太るのか、お話ししていきます💡

人工甘味料のカロリー

 ほぼゼロキロカロリーです💡

なので、短期的にはダイエット効果があります!

ブリストル大学の研究によると、人工甘味料を使用することで総摂取カロリーと体重を減らすと報告されています。

長期的にみるとどうなの??

 太る可能性2つ考えられます💡

①   食欲が上がるから

②   腸内のデブ菌が増えるから

 

食欲が上がる原因

私たちは美味しいものや甘いものを食べると、脳の食欲中枢が上がるようにできています。

人工甘味料は通常の砂糖より、脳の食欲中枢をより刺激してしまいます💡

食欲中枢が徐々に上がることにより、つい食べ過ぎて太ってしまいやすい環境になるんですね~

 

デブ菌が増える!?

人工甘味料を使用することにより、腸内環境が悪化し、毒素やファーミキューテス門(デブ菌)を増やしてしまいます💡

腸内環境が乱れることにより、太りやすい体質になる可能性もあるんですね~

結論

 人工甘味料は短期的には、ゼロキロカロリーのためダイエット効果が見られるが、長期的にみると『食欲が暴走したり』『太りやすい体質になる』可能性があります。

たまには良いかもしれませんが、常に大量に使うのは控えた方が良いかなと思います💡

関連記事一覧